M5 ボディランゲージの「極意」


パソコンで仕事中、誰かに話しかけられたら、あなたならどうするだろうか。①パソコンの画面に目をやったまま、相手の話を聞く、②画面から目を離し、顔を相手に向けて話を聞く、③画面から目を離し、キーボードからも手を離して、体を相手に向けて話を聞く。

若い頃「人の話はヘソで聴け」と教えられた。人と応接するときのボディランゲージ(身のこなし)の少しの違いが、人間関係の構築に意外に大きなインパクトを持つことがある。

生き物の多くが、同種の個体同士で、ボディランゲージ(動作)によって情報伝達していることが知られている。例えば、ミツバチは、蜜を見つけると巣に戻って、巣の前で独特の飛び方をする。仲間に蜜の在りかを伝えるためだ。人間を含め、個単体では生存できない生き物は、個の間で何らかの意思疎通の手立てを持っている。

人間の場合、声帯を使って発音を複雑に組合わせ、発声を微妙にコントロールする(=話す)ことで、かなり複雑な情報や感情までも伝え合う。が、無意識のうちにも使っているボディランゲージもコミュニケーション手段として軽視できない。場合によっては、言葉( Verbal )よりも、声のトーン( Vocal )や仕草( Visual )の方が、話し手の意図を端的に伝えることさえある。「申し訳ありません」と謝っても、言い方や態度が謝罪モードと逆なら、相手には反感と捉えられることもあるだろう。「メラビアンの3V法則*」と呼ばれるものだ。

適切とされるボディランゲージには、「視線を合わせる」、「うなずく」、「微笑む」、「メモをとる」などがある。一方「胸の前で腕を組む」、「横を向く」などは、相手に対する防御や拒絶反応と見られることが多い。適切なボディランゲージは訓練によって身につけることが出来るものだ。

しかし、難題が一つある。人間は目が体(顔)についているので、顔の表情を含め、自分の仕草を自分では丸ごとは認知できない宿命にあることだ(常時ビデオや鏡を使えれば別だが・・)。自分の行動を自分がリアルタイムに客体視できれば、パソコン作業中に誰かに話しかけられた時、どう振る舞うべきかは一目瞭然だ。しかし、人間は身体的制約から、これが出来ない。

逆説的だが、この事実を心すると、ボディランゲージ力が上達するきっかけが得られる。相手との意思疎通が上手く行かない時、相手を責める前に、「自分の言動が、自分が意図したように体現できていない可能性」を内省する余地が生まれるからだ。

ボディランゲージが対人関係に影響力をもつのは、そこに相手への「関心の度合い」が表れるからだ。スキルとしてのボディランゲージの訓練とは反駁するが、表面的な動作以前に、職場での上下関係や好き嫌いの感情にかかわらず、「不要な先入観はいったん横に置いて、相手に純粋に関心を寄せる」ことができれば、ポジティブなボディランゲージの発信者になれる。
人間は、「外面的な型」だけではなく、「内面的な思い」でコミュニケーションしている。そこがミツバチとは決定的に違うところだ。


*(補足)メラビアンの3V法則
アルバート・メラビアン(米・心理学者 1939~)が行った実験結果を援用して、コミュニケーションでは、言語情報(7%)より、聴覚情報(38%)や視覚情報(55%)の方がより強い影響を持つことがあるとする通説。Verbal(言語)、Vocal(聴覚)、Visual(視覚)から「3V法則」と呼ばれる。