M0 あなたは、日に何回 Mx. シャドーに出会いますか?


あなたは、Mx*.シャドーに一日何回出会うだろうか? 歳を重ねるともに出会う回数が増えるとも言われる。私の経験からもそう感じる。ここで言う Mx.シャドーとは、「お陰さま」という、感謝の対象となる人や出来事のことを指している。

我々は、期待以上の結果や、思いもよらない恩恵に恵まれたときに、感謝の念を抱く。感謝の対象は、人だけでなく、日常の出来事や自然現象にも及ぶ。感謝の底には、「有難い」気持ちと共に、自分ではコントロールできない、何か大きな力への「畏怖心」のようなものがあるようにも思う。それも含めて、日本語では「お陰さま」という表現で語られるのかもしれない。

「奇跡を起こす方程式」を唱える人がいる。阪神淡路大震災をきっかけに、59歳にしてプロゴルファーになった古市忠夫さんだ。震災以降、自分に起こった数々の出来事から、「奇跡 = 才能 努力 感謝力」の関係を心したと言う。


式の右辺の3つの要素の中で、特に注意したいのは「感謝力」。いくら才能があって努力しても、「感謝力」がゼロなら奇跡は起きない。方程式は3つの(足し算ではなく)掛け算で成り立っているからだ。感謝は、才能や努力などの自力を超えたものにつながっている。ゴルフでも、日々の生活でも、「真の勇者は感謝できる人」。古市さんはそう考える。

「感謝」に「力」をつけているところが意義深い。感謝すること、できることは、能力の一つとの考えだ。普段何げなく過ごしていると、本来感謝すべきことに感謝できていない自分がいる。失って初めて、感謝すべき対象に気づくことは良くあることだ。コロナウィルスの感染が広がり、人の移動や交流が制限されたことで、それまで当り前と思っていたことが当り前でなくなった。そうなって初めて、生活の色々な要素の価値に気づき、感謝の念を抱いた人も多いだろう。

私自身は、会社の代表者の職に就いてから、Mx.シャドーに出会う回数が一挙に増えた。会社の営みは、職場に集う多くの人たちが協力して、製品を作り、売り、サービスを通して、社会に価値を提供する。自分一人では到底成し得ないことを、会社の仲間が協力して成しとげ、そこに代表者としての自分が存在していることに、毎日が感謝の連続だった。それ以降、仕事以外のさまざまな場面でも、Mx.シャドーに出会う機会が増えたように思う。

「感謝力」を身につけるには、感謝を抱く対象への感度を上げる必要がある。これは一重に心の問題と思うかもしれないが、訓練によって可能だ。先ずは、「毎晩、その日一日に感謝したことを紙に書き出す」。少なくても3つ以上は目標にしたい。書くと、そこに意識が集中する。これが毎日の習慣になると、感謝の対象となる人や出来事に自ずと気持ちが向くようになる。感謝のアンテナ性能が上がり、だんだんと多くのことに感謝の気持ちが湧く実感がつかめると思う。

心からの「感謝力」を持てば、日々もっと頻繁にMx.シャドーと出会える。そうなれば、個人の生活も、職場も、会社も、社会も、もっともっと穏やかな輝きを放つだろう。


(註)*Mx.は、Mr. Mrs. Miss Ms.のような男女を特定しない、英語の人への敬称。