M10 力ではなく、信頼で群れを率いる淡路島のボスザル


 
一年ほどの菅政権の後を受けて、岸田内閣がスタートした。今月末の衆議院選挙の結果次第では変わることもあり得るが、新たな国のリーダーに望むことは多い。改めて「これからのリーダー像とは?」を自問していた時、興味深い記事を目にした。

9月26日付け朝日新聞朝刊の「争い好まザル リーダーの条件」と題した、淡路島のニホンザルの記事だ。淡路島に生息するサルは、他地域のサルにはない優しさを持ち、力や争いではなく、助け合いによって群れを保持しているという。要因には、島特有の遺伝的要素もありそうだが、93年にボスに就いた7代目『マッキー』の存在が大きいらしい。

『マッキー』は、母親を亡くし両手足に障害がある子ザルを抱いて移動したり、歩みが遅いサルのために群れの移動スピードを落としたりする。これらの行動が、他のサルからの信頼を得て、これまでの力による権力闘争を回避。平和裏にボスの座に就き、以後15年間に及ぶ長期政権を成し遂げた。別の調査によると、「サル団子」と呼ばれる、多数のサルが集まって体を寄せ合う信頼の行為も、淡路島のサルには特に顕著だそうだ。

サルの平均寿命は22,3歳と言われるが、『マッキー』は、2008年、31歳になった時、自ら身を引いた。その後の「ボスの座争い」には若干の波乱はあったものの、現在の9代目『ジョニー』は、『マッキー』の行動規範を受け継いで、優しいサル集団を率いている。淡路島のボスザルの依って立つところは、権力ではなく、弱者をいたわる「優しさという強さ」だ。

人間社会でも、トップの行動スタイルが周囲に影響し、グループ特有の文化を形成することは良くある。近年、相撲界や大学の運動部での長年のスパルタ教育や暴力的指導が社会問題になった。これはリーダーの負の側面が現れた例だが、明らかにおかしいと思うことでも、いったんそれがスタイルとして固まると代々引き継がれ、容易には変え難い。元プロ野球投手の桑田真澄さんは、「高校時代、監督や上級生からよく殴られたが、殴られてもひとつも上手くならないのに、なぜ殴られるのかと思った」と述懐している。

企業の職場でも同様なことが起こり得る。さすがに今は、部下への恫喝まがいの行為によって行動や結果を強いることは少ないと思うが、それでもまだ旧来からの悪弊が横行している職場もありそうだ。業績一辺倒で、社員の人格や個性を顧みないリーダーは淘汰されるだろう。これからの企業経営者には、社員の強みも弱みも抱え込み、各人に固有の資質を最大限に活かして結果を出す力量が強く求められる。

先達の行動を見て、固有の文化が代々受け継がれることは、学術的にも指摘されている。動物行動学・進化生物学者のリチャード・ドーキンス*は、この伝搬を司る社会的、文化的情報要素を「ミーム」と呼び、コミュニティの中で「ミーム」が個体から他の個体へとコピーされることで、文化が伝承・進化すると唱える。

過去10年近く、政治の世界では、権力を傘に、事実の隠ぺいや公的文書の改ざん、人事権の独断的行使、説明責任の不履行など、負の「ミーム」が飛び交った。スポーツ界にも、企業にも、政界にも、これまでの負の「ミーム」を断ち切り、真に信頼をよぶ、新たな「ミーム」を次世代に受け渡す『マッキー』的リーダーを望む声は多いだろう。

 

*リチャード・ドーキンス1941~)イギリスの動物行動学・進化生物学者。さまざまな社会行動の自然選択には遺伝子がかかわるとし、社会生物学を広める。著書「利己的な遺伝子」は世界的なベストセラー。