M1 思考術の基本は「幕の内弁当」と「マトリョーシカ」(1)



 「弘下村塾」では、経営で用いる思考法の基礎についても一緒に学ぶ。本来なら中高生くらいの頃にしっかり身につけたい基本スキルとも言えるが、残念ながら、思考法については学習経験がない社会人が多い。塾では、思考術の壱の型は「幕の内弁当」、弐の型は「マトリョーシカ」を合言葉にしている。説明したい。

思考を進めるには「考えを整理する枠組み」が必要だ。文章でも話でも、そのまま受け取るだけではインプット情報以上の価値は生まれず、自分の考えも整理されない。論理的に考える第一の鉄則・壱の型は、頭の中に情報を整理する枠組み、すなわち、なんらかの「仕切り」を持つことだ。

ちょうど「幕の内弁当の仕切り」のように、インプットされた情報(食材)を内容によって、ここはご飯、ここは主菜、ここは副菜と漬物というように区分けする。この区分けがないと、白米と鮭の切り身とスパゲッティーとしば漬けが一緒にゴチャゴチャに入っているようなもので、何を食べているのか分かり難く、しっかり味わって食べる(=情報を吟味する)ことも難しい。思考も同じだ。

経営思考によく使われる仕切り(枠組み)には、「PEST:Politics・政治、Economy・経済、Society・社会、Technology・技術」や「3CCustomer・顧客、Competitor・競合、Company・自社」、「外部環境のプラス、マイナス・自社の強みのプラス、マイナス」、「課題・あるべき姿・解決策」などがある。が、特にこれらを暗記する必要はない。テーマに応じて、どんな枠組みで整理すれば良いかを考えること自体が、論理的思考法の最初ステップとなる。

ただし、分ける際には二つのことに留意したい。一つは、分ける数はなるべく3つ前後にすること。人間の脳は数多くのことを並列に処理できない。3つ前後の区分だと納得感が得やすく、スッキリまとまる。もう一つは、出来る限り「モレなく、ダブリなく」分けることである。特に、分けた内容に「ダブリ」がないことに注意したい。「モレ」は漏れた部分を足すことで改訂できるが、「ダブリ」は仕切り方そのものを変えることになる。

具体例を示したい。「医療ミスによる死亡者数を減少させる」というテーマを与えられたとする。これに関する雑多な情報を無作為に入手しても、意味のある解決案に結びつくとは限らない。最初に何らかの枠組み(仕切り)を持つ必要がある。

この場合であれば、例えば、医療行為者に焦点をあてて、「医師によるミスの減少、看護師によるミスの減少、その他の医療従事者によるミスの減少」のような仕切りが考えられる。あるいは、ミスの発生原因や場所などから、「手術によるミス、投薬によるミス、その他の医療行為によるミス」、「内科でのミス、外科でのミス、その他の診療科でのミス」、「大病院でのミス、クリニックでのミス、在宅医療でのミス」、さらには「大都市でのミス、地方都市でのミス、過疎地でのミス」などの仕切りも可能だ。いずれも、3つの区分けと「モレなく、ダブリなく」を意識している。これによって思考が始動する。

どの仕切りが最適かは、発端となった問題認識や収集した情報等から判断することになるが、この種の枠組みを持つことが、考えを推し進める上で有効な手立てとなり得ることは理解できると思う。「思考術の壱の型は、幕の内弁当」とは、これを意味する。

思考術のもう一つの鉄則・弐の型は「マトリョーシカの大きさを見極める」ことだが、紙面の都合上、次回の留考録に記したい。