M3 会計基礎コース101:お金の価値は手に入るまでの時間によって変わる

 


「今もらう1万円」と「3年後にもらう1万円」とでは、どちらの価値が高いと感じるだろうか? 両方とも同額の1万円だが、大半の人が「今もらう1万円」の方が、価値が高いと感じるだろう。直ぐに使える、貸せば利子がつく、これを元手にさらに額を増やすこともできる。今もらう1万円は、3年後にもらう1万円より、明らかに価値が高そうだ。

では、いったい額にしていくら高いのだろうか。10円? 100円? それとも1,000円? これに答えるには、預金金利の考えが役に立つ。仮に、年2%の利息がつくと、今もらう1万円は3年後には、10,000 X 1.02 X 1.02 X 1.02 = 10,612円となり、612円高いことになる(利率2%は今の日本の銀行金利と比べると大幅に高いが、それは一端横に置くことにする)。

この計算は、今もらう1万円と3年後にもらう1万円を「3年後の価値で比較」したものだ。すなわち、3年後にもらう1万円の価値は、3年後の時点で1万円。今もらう1万円は、3年分の利息を加えると、3年後には10,612円になると計算した。

少し面倒に思うかもしれないが、これを(3年後ではなく)「現在の価値で比較」するとどうなるのだろうか。当然、今もらう1万円の現在の価値は1万円だ。問題は、3年後にもらう1万円の現在の価値はいくらか・・である。計算はさて置き、この額が1万円より少なくなることは想像に難くないだろう(冒頭で触れたように、3年後にもらう1万円は今もらう1万円より価値が低い。)

実際の計算は、金利計算と同じ考えを使う。ただし、今もらう1万円に3年分の利率を乗じるのではなく、3年後にもらう1万円を3年分の利率(この場合は「割引率」と呼ぶ)で割り引く。計算は、10,000 ÷ 1.02 ÷ 1.02 ÷ 1.02 = 9,423円 となる(末尾で補足説明する*1)。これによれば、3年後にもらう1万円は、今もらう1万円より現在の価値にして577円安いことになる(割引率2%が条件)。

面倒な計算にお付き合い頂いたが、企業の管理会計(財務を含む)では、複数年度にまたがるプロジェクトや投資回収は、この「将来手に入るお金(キャッシュ)は、年数と割引率に応じて減額し、今の価値に換算する」考え方に立つ。これを「現在価値法」(英語でNPV*2法)と呼び、経営実務の上で大事な意味を二つ含んでいる。

一つは、NPV法が「将来の不確定要素を考慮した意思決定」の支援ツールになること。経営の意思決定は、しばしば将来の不確定要素の勘案次第で判断が分かれる。NPV法はリスクに応じて割引率を設定することにより、将来の不確定要素を定量的に評価した予測や計画を可能にする。

もう一つは、NPV法が「手持ちのキャッシュは速やかに処理すべき」という教訓を伝えていることだ。お金は、何もせずに寝かせておけば、時間と共に(将来に持ち越すほど)価値が下がる。「キャッシュを持ったら、真夏の暑い日にソフトクリームを手にした」と考えて、機敏に対処すべきことを示唆している。

単年度の収益のみに気を奪われていると忘れがちだが、「お金の価値は時間 t の関数:¥ = f(t)」と捉えることが肝要だ。時間は誰にとっても掛け替えのない資産だ。社会活動にとっても同じである。事業経営の成否も時間(スピード)にかかっている。管理会計で使われる「現在価値法」が、これを端的に物語ってくれている。


註)
*1 3年後の1万円の現在の価値が(割引率2%で)9,423円になることは、現在の9,423円が(利率2%で)3年後に1万円になることを意味する。
9,423 X 1.02 X 1.02 X 1.02 = 10,000
すなわち、利息の計算と「現在価値法」は同じ考え(計算論理)にもとづいている。

*2 NPV:は、Net Present Value(正味現在価値)の頭文字をとったもの(参照:M3 その M&A、GO か NO GO か?)。

(会計基礎コース101は、今回でいったん終了します。)